cullent

お電話・ファックスでの注文はこちら

リングを着ける指の意味 | 指元から始まるもう一つのストーリー

■ 左手の指

親指:「desire」
 信念を貫き、愛・目的・願望の実現を助ける。
 自分の意志で現実を切り開く力をくれるので、難関を突破したい時にはこの指。
 高い目標や、仕事で困難に立ち向かうときなどにオススメ。

人差し指:「positive」
 積極性を高め、思いを行動に導いてくれる。迷いを払い、向上したいときにはこの指。
 新生活で交友を広げたいとき、会議やプレゼンで考えを発表したいとき。
 また、新しいことにトライするときなど、積極的な気持ちに導いてくれるかも。

中指:「inspiration」
 インスピレーションを高め、協調性をもたらす指。
 仲間と協働で作業をするときや、コミュニケーションを取りたいときなど
 感覚が研ぎ澄まされて相手の気持ちをつかみ円滑に進行できそう。

薬指:「love」
 愛を深める力をくれる指で、大切な人との絆を深めたいときはこの指。
 ペアリングや結婚指輪はぜひこの指に。
 恋人から贈られたリングを着けるのもオススメ。

小指:「chance」
 願いを叶えてくれる力があると言われている指。
 特に、恋愛成就や子宝、安産祈願にも最適。
 愛情を深めたり、身を守ってくれる効果も。
 新たな恋の出会いや、夢を叶えたいときに力を貸してくれるかもしれません。

■ 右手の指

親指:「authority」
 権威や意志に力を与え、信念を貫く力をくれる指。
 行動力を発揮して、障害を乗り越えステップアップしたいときにオススメ。
 苦難を乗り越える力になってくれるかも。

人差し指:「leadership」
 人を導き教える力をくれる指。
 集中力を高めてくれるので、仕事や勉強などに取り組むときにも効果的。
 リーダーシップを発揮できるので、仕事や恋愛の場面で主導権を握りたいときにもオススメ。

中指:「spiritual」
 霊感をとぎすませ、邪気を払う力をくれる指。
 行動力を高めるとも言われているので、元気がほしいときにも効果的かも。
 身を守ると言われているので、お守りリングを着けるのに最適。

薬指:「creative」
 心を落ち着かせ創造性を豊かにする指。
 クリエイティブな仕事では感性を高めてくれる味方。
 安心感をもたらしてくれるので、恋人とリラックスして過ごしたいときにもオススメ。

小指:「appeal」
 表現力を豊かにして魅力をアピールする力があるので社交的な場面に最適。
 仕事のプレゼンや商談のときに着ければ、上手に話せるパワーをくれるかも。
 新たな恋にチャレンジしているときには、魅力を伝える味方になってくれそう。
 魅力を引き出し、身を守る力をくれる指。アピールしたいときにはこの指。

■ オードリー・ヘプバーンのピンキーリング

「永遠の妖精」と呼ばれた映画女優オードリー・ヘプバーン。

女優としての功績だけでなく、ファッションアイコンとしても長年親しまれていました。インターナショナル・ベスト・ドレッサーに殿堂入りも果たしていて、さまざまな流行を生み出した彼女のファッションは、色あせることなく現代の私たちのファッションにも影響を与えています。

ファッション界のミューズとして輝いたオードリーは、そのイメージとは違い、普段はファッションをあまり重要視せずカジュアルな服を好んでいました。プライベートではジュエリーをまったく着けないことも知られています。

そんなオードリーが唯一愛用していたジュエリーが、左手のピンキーリング。
大変な努力家だったと言われていますので、もちろん素晴らしい功績は彼女の努力の賜物だと言えますが、もしかしたらピンキーリングの夢を叶える力も一役買ったかもしれません。

■ 結婚指輪を左手薬指に着ける意味

古代、左手の薬指は心臓にかけて一本の血管で繋がっている信じられていました。 心は心臓にあると考えられていたので、心と繋がっている薬指に指輪を着けて愛の証としていたのが始まりだそうです。 また、男女が同じリングを薬指に着けることで、リングを通してお互いの心が通じ合うとも言われています。

■ リングと東洋医学

東洋医学では体調を司る指のツボを刺激するために指輪を使う方法があるそうです。 親指は呼吸器系、人差し指は消化器官や肩こり、中指と薬指は免疫系、小指は精神性の病気などに効果があると言われています。 着けていて心地よい指輪は体調にあっているという判断もできるのだとか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

トップへ