cullent

お電話・ファックスでの注文はこちら

ジュエリーのお手入れ | 永くご愛用いただくためのケアのポイント

ファッションだけでなく、心も輝かせてくれるジュエリー。
そんなジュエリーを、ぜひ愛情をかけてお手入れしてあげてください。
手間暇かけてお手入れしていただくことで、美しさをキープできるだけでなく、ジュエリーへの愛着も増してくるはず。
そしてジュエリーを末永くご愛用いただき、お客様と共に時を過ごすことで、ジュエリーと自分だけのストーリーが生まれると思うのです。

大切なのは、日々のケアと、たまに行うスペシャルケア。
毎日少しジュエリーに気を使ってあげるだけで輝きの持続が変わります。

■ 日々のケア

ジュエリーは化粧品や香水などが苦手です。
また、皮脂やほこりなどが付着すると輝きがくすんでしまいます。
毎日少しだけ、ジュエリーへの気配りをしてあげてください。

・ お出かけ前

化粧品や香水、ヘアスプレーなどはジュエリーに悪影響を及ぼします。
また、お洋服を着替えるときはジュエリーが引っかかって破損の原因になる場合があります。
メイクやスタイリングが終わってから、きれいな手でジュエリーを着用してください。

・ 着用中

ジュエリーに汗が付着すると輝きがくすんだり、宝石によっては変色や劣化の原因になる場合があります。
また、濡れた状態でジュエリーを着用していると、金属アレルギーの原因になることもります。
スポーツや温泉、お料理などの際にはジュエリーを外してください。

・ お出かけ後

ご帰宅後はお着替えや入浴、家事の前に、まずジュエリーを外して頂くことをお薦めします。
そして、着用時に付いた皮脂やほこりなどの汚れを放置するとジュエリーの輝きが鈍くなってしまいますので、使い終わったらやわらかい布でふいてあげてください。
セーム革など、専用のジュエリークロスがお薦めですが、眼鏡拭きでも代用できます。
この時、強くこするとセッティング爪の繊細な箇所を歪めてしまうことがありますので、優しく拭きましょう。
お手入れ後は、ジュエリーボックスなどに大切に収納してください。

収納前のお手入れ

■ スペシャルケア

スペシャルなお手入れは、着用の頻度などにもよりますが、1ヶ月に1度くらいを目安におこなうと良いでしょう。
お時間のある時に、日々のケアでは落としきれない細かい汚れやガンコな汚れをケアしてください。
18金のダイヤモンドジュエリーなら、中性洗剤をぬるま湯に溶いてブラシで洗うのも効果的です。
宝石によっては水分が苦手なものや傷つきやすいものもありますのでご注意ください。
代表的な宝石の特徴を、下記の表でご確認いただけますので、お手入れの際の参考にしてください。

きちんとお手入れをしていただいて、ジュエリーがお客様のそばでいつまでも美しく輝き続けますように・・・!

■ リングが外せない!

夜、リングを外そうとしたらむくんで外せないことがあります。


一般的にリングサイズは一日のうちに0.5〜1号程度変化すると言われています。
また、気温によっても指の状態が変わり、夏は膨張し、冬は引き締まる傾向があります。

もしむくんでリングが外せなくなってしまった場合、 まずはリラックスすることが大事です。
そして手を頭の上に上げるとむくみが取れて外しやすくなります。
また、石鹸や洗剤をつけて滑りをよくするのも効果的です。

cullentスタッフは、指の肉を指の付け根方向に引っ張りながら リングを少しずつずらすように外していくようにしています。

力が入ってしまうとより外しにくくなってしまうので、 どうしても外せないときは、焦らずむくみが取れるのをまちましょう。

■ ご愛用いただくにあたって

体質によって、かゆみ・かぶれを生じる場合がありますので、皮膚に異常を感じたときはご使用をお止めいただき 専門医にご相談ください。
力仕事や激しいスポーツをする時、就寝時や幼児の世話をする時など、身体に被害を及ぼす場合がありますので、ジュエリーをはずして下さい。
サウナ等高温の場所、あるいはスキー場等極寒地でのピアスなどのジュエリーの使用は、火傷・凍傷の原因となる場合がありますので、着用をお控えください。
汗、化粧品、香水、薬品、温泉等に反応して変色する場合がありますのでご注意ください。
乳幼児等が誤飲しないよう、保管に気を付けてください。
繊細なデザインとなっております為、ぶつけたり落としたりしないようにご注意ください。
また、デザインによっては洋服やペットの毛などに絡む場合がありますので、お取扱いにはご注意ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

トップへ