cullent

お電話・ファックスでの注文はこちら

ロングネックレスのコーディネート | 着けこなしてワンランク上の装いに

ロングネックレスは装いに上品なおしゃれ感をプラスしてくれるオススメアイテムです。
シンプルなお洋服でも、ロングネックレスを着けることで華やかさやこなれ感が出ます。

中でもオススメのコーディネートと注意ポイントをご案内いたします。

■ ロングネックレスコーディネート

60cm〜80cmがロングネックレスの一般的な長さ。身長155cmの一般的な体型の方が着用すると、60cmは胸の上、80cmは胸の下あたりまで来る長さです。ロングネックレスの縦長のラインは、スタイルを細く長く見せてくれる効果も。


大人の女性には華奢な18金のロングネックレスがオススメです。じゃらじゃらとしたデコラティブなロングネックレスだとフェイク感が際立ってしまいがち。華奢な18金ロングネックレスなら本物素材の繊細な輝きが上品な印象で大人かわいい上質な装いを演出してくれます。


そして是非チャレンジしていただきたいのが重ねづけ。普通の40cm〜45cmのネックレスにロングネックレスを重ね付けするとパッと華やかな印象になります。


結婚式のお呼ばれやパーティドレスにはもちろん、普段着にロングネックレスの重ね付けをプラスすればワンランク上のお出かけコーディネートが完成します。

ワンランク上のアクセサリーコーディネート

■ ロングネックレス着用のご注意

華やかで美しいロングネックレスですが、その長さゆえに、家具などに引っかけて破損してしまうことがあります。そんな破損を避けるためのポイントをご紹介します。


・家の中
家の中には、ドアノブやチェストの引き出しなど、さまざまなところに出っ張りが。そんな出っ張りにロングネックレスが引っかかり切れてしまうことがあります。
特に、キッチンは要注意!
cullentスタッフが過去にしてしまったのは、腰をかがめて低い位置にある戸棚から物を出すときに別の引き出しにチェーンが引っかかり、気づかずに勢いよく立ち上がった際にチェーンが切れてしまいました。


ロングネックレス以外のジュエリーにも言えることですが、帰宅後はすぐにジュエリーを外し、出かける直前に着けることをおすすめします。


・街中
人ごみや混雑している電車内などは、近くにいる人のバッグやボタンにロングネックレスが引っかかってしまうことがあります。
破損を防ぎ、周りの方にご迷惑を掛けないためにも、人の多い場所ではロングネックレスを片手で押さえて揺れないようにするのがコツです。


また、ショッピングやレストランでも棚やテーブルに引っかけてしまう可能性がありますので注意が必要です。


・オフィス
これもスタッフの経験談ですが、デスクワーク中、下の段の引き出しから書類を出すためにかがんだ際、上の段の引き出しにロングネックレスが引っかかりそれに気づかずに立ち上がってしまいチェーンが切れてしまいました。
コピー機の用紙補充や給湯室での作業時も要注意です。



こうしてみると、危険がいっぱいで不安になってしまいそうですが、ロングネックレスを着け慣れてくると、不思議と引っかけることが少なくなります。
人ごみでロングネックレスをそっと押さえることなどが無意識にできるようになるからでしょうか。


また、万が一、cullentのネックレスを使用中に切れてしまった場合には、お修理の相談も承っておりますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

ネックレスイメージ

ロングネックレスの重ね付けコーディネート

このエントリーをはてなブックマークに追加

トップへ