cullent

お電話・ファックスでの注文はこちら

サイト内検索
ギフトジュエリーの選び方
リングセット
リングセット
イヤリング
ロングネックレス特集
ピンキーリング特集
ジュエリートレイシリーズ
エタニティリングコレクション
ハート&キューピッドダイヤモンドシリーズ
フープピアス特集
promise eclatsquare flow sprout playful liberty lulu precious imagine precious
cullent(カレン)スタイルブック
cullent(カレン)ジュエリー事典


ダイヤモンドのカットについて | 美しさを最大限に引き出すカットの仕組み

可能性を秘めた人物などを「ダイヤモンドの原石」と例えることで知られるように、ダイヤモンドの原石の輝きは強くありません。
輝きが眠るダイヤモンドの原石は、職人による洗練されたカット技術を施すことで光を取り込み美しい輝きを放ちます。

■ ダイヤモンドの美しさを最大限に引き出す『カット』

優れた職人によって正確に仕上げられたカットは、ダイヤモンドの美しさをさらに引き出します。 実際にダイヤモンドの放つ光の放射はひとつひとつ違うもので、同じカラット、カラー、クラリティのダイヤモンドでもカットのグレード次第ではその輝き方が異なるほどです。
このダイヤモンドの輝きは次の3つの要素の相乗効果で起こります。

ブリリアンス・・・ダイヤモンド内に取り込まれた光が全反射することによって出てくる白色光
ディスパーション・・・ダイヤモンド内に取り込まれた光が、プリズム効果によって、虹のような七色に輝く光
シンチレーション・・・ダイヤモンドの表面で反射して生まれる反射光

上記3つの要素のうち、シンチレーション以外の要素は内部から出るものですが、
より良く輝くためにはブリリアンスの白色光とディスパーションの虹色の組み合わせが重要です。
この2つの光がバランス良く入っているものが良い輝きを生むとされています。
いくら大きなダイヤモンドでも、この3つの要素が揃わなければ、
キラキラとまばゆく光り輝くダイヤモンドには成り得ないのです。

ダイヤモンドの光の種類

そこで、そのダイヤモンドをより輝かせるために重要なのがカットという訳です。
カットの評価は、総合的なカットのグレード、角度の精度などからの判断(プロポーション)と、
ファセットの形状や仕上げとなる研磨の質(フィニッシュ)で決まります。
それほどダイヤモンドの光は繊細で綿密に計算されたものといえるでしょう。
屈折率の高いダイヤモンドのような宝石はカットの良し悪しで価値も変わってくるのです。

ダイヤモンド
ダイヤモンド

■ 58面体によるダイヤモンドの輝き

一般によく知られているスタンダードなダイヤモンドの形は、
ラウンド・ブリリアント・カットという特殊な形に研磨されています。
この形は、ダイヤモンドの光学的特性を考慮し、輝きを最大限引き出すよう計算された形状です。
ダイヤモンドの形状の中でも最も一般的なブリリアントカットは、
58面体にカットされることで、多くの光を反射させることができ、神秘的で美しい光を放ちます。
この58面体カットは偶然生み出されたカット数ではなく、
1900年代にベルギーの研磨職人であった、マルセル・トルコウスキー氏の研究によって生み出されました。
数学者でもあったマルセル・トルコウスキー氏は、
ダイヤモンドが最も美しく輝くカット数を、光の波長とダイヤモンドの屈折率を数学的に算出し、その技術と共に形にしました。

トルコウスキー一族は代々ダイヤモンド研磨の名門で、
6代目のガブリエル・トルコウスキー氏は一族の中でも特に優れた研磨師と言われ、
現在も最高のカットを生み出しています。

ダイヤモンド
ダイヤモンド

■ ブリリアントカットの種類

・ラウンドカット
ダイヤモンドの輝きを最大限に引き出すために、光の反射・屈折率までを計算し尽くして辿りついた、究極のカットです。
上から見るとラウンドという名の通り丸型。放射線状に58面体にカットが施され、真ん中のテーブル面は正八角形となっています。

・マーキースカット
ラグビーボールのような形の両側がツンと尖ったエレガントなカット。
優美でクラシックなスタイルは、実際のカラットよりも大きく見せることができます。

・ペアシェイプ
洋ナシを意味する(“pear”英語)形のペアカットは、片方だけが尖っています。
マーキース同様、指輪のカットとしても人気です。
細長いペアカットのダイヤモンドは、指をほっそり見せる効果があります。

・ハートカット
婚約・結婚指輪として人気の高いこのカットは、多様なダイヤモンドジュエリーの中でも、とくに個性的な存在感を生み出します。通常は65面からなります。

・オーバルカット
楕円形に近いフォルムのオーバルカットもラウンドカットに近い美しい輝きを放ちます。
アンティークやクラシカルな雰囲気があるカットスタイルが、近年人気を集めています。

ダイヤモンドのカットの種類
このエントリーをはてなブックマークに追加

トップへ