cullent

お電話・ファックスでの注文はこちら

K18の基礎知識 | ジュエリーに使われる「金」についての豆知識

一般的にジュエリーに使われるK18(18金)・K14(14金)・K10(10金)の素材。
これらはどのような違いがあるのでしょうか?

■ 金(ゴールド)のお話

金は、その美しい色と光沢から、古代から価値を認められてきた貴金属です。
装飾品として人類に利用された最初の金属とも言われています。

金は金鉱山などの鉱脈から採掘されたり、
金鉱脈から流れた下流河岸に沈殿する砂金などから採集されます。
1トンの金鉱石から採れる金はわずか5グラムほど。

これまでに人類が採掘した金の総量は約17万トン。
これはオリンピック用プール3杯半に例えられます。
そして、まだ採掘されていない埋蔵量は約7万トンで、プール1杯半〜2杯弱と言われています。
とても少ないように感じますが、金は溶かして再利用もできるので
現在、電気製品に使われている金の回収やジュエリーのリサイクルも一般的に行われています。

K18ゴールドジュエリー

■ ジュエリーに使われる金

そもそも、金そのものはとても柔らかく、「展延性」という延ばすことができる性質があります。
1グラムの金を3000メートルまで伸ばせるほどで、
平面上に延ばした金箔や、糸状に延ばした金糸などがあります。
この柔らかさ・展延性ゆえに、純金のままではジュエリーとして適しません。
特に石留め用の爪などには強度が不十分です。
そこで、ジュエリーでは一般的に金に銀や銅を混ぜて合金にして加工します。

K18(18金)・K14(14金)・K10(10金)などは、その金の含有率を24分率で表したものです。
「K」は「カラット(KARAT)」の略で、24分率の単位。
K18の場合、24分の18が金ということ。
つまり、K18で75%、K14で58%、K10で41.7%の金が含まれているという意味になります。
それぞれ、金の純度が異なるということです。

金の含有率

金が含まれる割合が少ないと、その分、変色しやすい銀や銅の割合が多くなる為、
K18よりもK10の方が変色しやすいということにもなります。

国によっても一般的に使用される金の純度が分かれるようで、
日本やイタリアではK18、アメリカではK14、イギリスではK9が一般的です。

ちなみに、「カラット」は宝石用語でも聞かれる言葉ですが、宝石で使われるのはスペルが異なる「carat」。
こちらは宝石の質量を表す単位で、1carat=200グラムです。

■ 金の色

ジュエリーには「イエローゴールド」「ピンクゴールド」「ホワイトゴールド」などが使われますが
これはそれぞれ、金に混ぜる銀や銅の割合を変えて色を変化させたものです。
例えば、イエローゴールドの場合、金に混ぜる銀と銅の割合を、一般的に銀:銅=6:4とします。
銅を多く混ぜて赤みを増したものをピンクゴールドと呼び、
ホワイトゴールドの場合は、銀の割合を多くします。
他にも、銀と銅の割合を変えてレッドゴールドやグリーンゴールドなども作られます。

■ cullentのK18ジュエリー

cullentのすべてのジュエリーは、経年による変色の出にくいK18素材で製作しています。
それは、美しいまま長くご愛用頂き、
お客様のお手元でヴィンテージジュエリーとして育って欲しいから。
時間と共についた傷跡や汚れも味わいとなり
お客様とって、他に無い特別なモノとなることを願って大切にお作りしています。

但し、K18がまったく変色しない訳ではありません。
初期の変色は柔らかい布でふけばケアできますので
こまめなお手入れをお勧めいたします。



このエントリーをはてなブックマークに追加

トップへ